鍼灸師は国家資格

鍼灸師は国家資格を持っています。鍼灸の治療を行うには、「はり師」「きゆう師」という国家資格がいります。そして、あん摩、マッサージ、指圧等の手技療法を行うには、「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格が必要です。鍼灸師やあん摩師になるには通常、高等学校を卒業後、厚生労働大臣・文部科学大臣が定めた専門学校や大学などの教育機関で3年以上学び、知識や技術を習得し、さらに国家試験に合格することで免許を取得することができます。
高齢化社会やストレス社会の中で、西洋医学では治療のむずかしい状態を、鍼灸治療で癒そうという動きが近年見られます。また、高齢者医療やスポーツ医療など鍼灸マッサージ師の活躍の場が広がるなか、多様化するニーズに対応できる鍼灸師や鍼灸マッサージ師の育成が、ますます求められています。
鍼灸やマッサージの教育機関は、そんな新たな時代のニーズに応え、社会に貢献できる優秀な鍼灸マッサージ師を育成するために、教育の質の向上に力を注いでいます。

教育機関で3年以上学ぶ

鍼灸の治療を行うには、「はり師」「きゆう師」という国家資格がいります。また、あん摩、マッサージ、指圧等の手技療法を行うには、「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格が必要です。
鍼灸師やあん摩師になるには通常、高等学校を卒業後、厚生労働大臣・文部科学大臣が定めた専門学校や大学などの教育機関で3年以上学び、知識や技術を習得し、さらに国家試験に合格して免許を取得せねばなりません。
筆者の友人の一人は大学を卒業後、「はり師」「きゆう師」「あん摩マッサージ指圧師」の専門学校に入学しました。もともとツボをよくとらえるマッサージが非常にうまい友人であり、勉強家・努力家でもあったので、ぴったりだと友人一同思っていましたが。その彼をしても専門学校の勉強はとても大変だったと後で聞きました。
確かに柔らかく細いとはいえ鍼を人体に刺したり、火を使う施術です。医療行為のひとつなのですから、労苦のいる勉強と国家資格が必要なのも頷けますよね。

恵比寿の美容鍼灸サロン meilong

美容から妊活まで女性にうれしいサロン

仕事も育児も頑張っている現代人女性は、ともするとさまざまなストレスに見舞われがち。忙しすぎて、お肌も荒れ気味…。そんな現代人女性にとって、強い味方となってくれるのが、身体を内側からキレイにしてくれる美容鍼灸という治療法です。美容鍼灸の施術は美容鍼灸院、美容鍼灸サロンといったところで受けることができます。ベースとなっているのは東洋医学の鍼灸治療ですから「はりきゅう」や「鍼灸院」といった施設でも美容鍼灸の施術をしてくれる場合もあります。最近人気の美容鍼灸サロンの中でも、東京恵比寿にある美容鍼灸サロンmeilongは、恵比寿に2店舗を構える人気のお店です。

恵比寿meilongの特徴

恵比寿meilongは、恵比寿駅や東恵比寿駅から徒歩5分という便利な場所に立地し、美顔や小顔、全身のケアに加え、妊活鍼灸や安産鍼灸、逆子ケアなどの施術も利用することができます。仕事帰りやショッピングついでに美容鍼灸を受けられるので、気軽に利用することができ、継続もしやすいと評判です。

また、meilongのスタッフは海外での就労経験があるので、受付から施術まで全て英語での対応も可能です。そのため、日本語がわからない海外の方でも安心して施術を受けることができます。ちなみに、恵比寿meilong美容鍼灸サロンの施術メニューは、次のようなものがあります。美容鍼灸デビューメニューとして最適な「小顔電流鍼」は、顔のツボを刺激してむくみ解消に効果があります。痛みが少なく、即効性があります。顔だけでなく、体全体の悩みを改善してくれる「美容鍼灸(全身)」コースは、100本以上もの鍼を使用してより高い効果を実現してくれます。自然治癒力を高め、体の内側からケアすることを目指すのが「オーダーメイド鍼灸」です。クライアントの体質や悩みにぴったりあった施術を行なってくれます。

そのほかにも、不妊の悩みを抱える人向けの「妊活ケア」では、一人一人の状態に合わせたオーダーメイドケアを実現。自然妊娠するための体のケアだけでなく、心のケアもすることができます。